Anker PowerCore 10000

iPhone6Sフル充電2回は余裕でイケるモバイルバッテリー

スマートフォン以外にもガジェットを持ち歩くことも多いので、モバイルバッテリーは必携だ。容量とサイズのちょうど良いAnkerのPowerCore 10000を買ったよ。

これで、iPhone、Apple Watch、PocketWifi、GoPro、Nintendo3DS、イヤホンが全部充電できる。充電できる容量は、ほとんど空のiPhone6sを100%まで2回充電してもまだ余力があるくらい。結構持つので、僕は使うごとに充電というより、半分以下ぐらいになったら充電するくらいでもあまり心配なく使えているよ。

th_IMG_2308

到着した箱の表側はこんな感じ。PowerCore 10000の専用箱だ。

th_IMG_2309

箱の裏はこんな感じ。PowerLineの時とは違ったデザインになっている。

th_IMG_2310

箱を開けると、AMERICA’S LEADING USB CHARGING BRANDの文字。10MILLION+ HAPPY USERS AND COUNTINGとも書いてる。新しいメーカーだからそういった宣伝文句になるのだろうね。AnkerはAukeyなんていう似た名前のメーカーもいて、正直品質はどっちもどっちなんじゃないかなあと思っている。だから、先に認知度を上げたもん勝ちみたいな。そんな感じ。

th_IMG_2311

箱から中身を取り出すと、本体と付属品のパッケージが出てくる。

th_IMG_2312

携帯用の袋とケーブル。袋はメッシュ素材で柔らかく、使いやすい。タブにAnkerのロゴ入り。

ケーブルはAnkerのロゴが入ってはいるが、触ってみればPowerLineのケーブルとは材質が違うことがわかる。こっちの方が柔らかくてチープな感じ。これはあくまでもオマケってことなんだろうね。

th_IMG_2313

本体は黒一色でマットな感触。Ankerのロゴの部分だけはエンボス加工されていて、艶あり担っている。

th_IMG_2314

本体側面のボタンを押すと電池残量のインジケータが数秒間点灯する。このインジケータはボタンを押すことのほか、出力側のUSBポートにケーブルをさした時にも点灯する。

th_IMG_2317

入出力ポート。バッテリー自体の充電はMicroUSBの入力ポートから行い、デバイスの充電はUSBの出力ポートから行う。出力ポートは1つのみ。

実は前に使っていたダンボーのバッテリーは出力ポートが二つあって、これが結構便利だったことに後から気づいた。Ankerなら他のモデルで2ポート出力のモデルがある。

th_IMG_2316

反対側には各種の刻印。「アンカージャパン」の文字もある。カスタマーサポートはこのここがやってくれる感じかな?