Smatree SmaPole S3

1ピースのアルミポールが壊れにくそうなセルフィースティックだよ。

一体何だあのアホらしいガジェットは

そう思った人は結構多いんじゃないかな。僕もそう思った。自撮り棒。セルカ棒。セルフィースティック。どれが正しい呼び名かはわからないけれど、この棒があるとないとでは、記録に残せる映像の幅が全然違ってくる。

今日はSmatree SmaPole S3を紹介するよ。

th_IMG_2234_2

パッケージは段ボールにロゴをプリントしただけのシンプルなデザイン。

th_IMG_2235

パッケージを開けるとこんな感じ。Smatreeっていうのは、アクションカメラのサポートアクセサリーを製造しているメーカーで、GoProのアクセサリーが充実してる感じだった。

th_IMG_2274

箱から中身を取り出すとこんな感じ。上から、フローティングポール、Smapole本体、ストラップ。本体は持ち手のスポンジ部分にロゴがエンボスで施されている。全パーツ、ロゴ入り。

th_IMG_2278

フローティングポール、本体ともにエンドの部分が同じネジ穴になっていて、一般的なカメラについている1/4インチネジが適合するみたい。このネジ穴を使ってフローティングポール、本体、ストラップを接続できるほか、使い道があるかはさておきカメラ三脚にも付けられる。

th_IMG_2275

フローティングポールはカーボンで出来ており、一方の端が先の1/4インチ雄ネジ、もう一方が雌ネジになっている。このポールはその名の通り、水に浮くことができ、水上での使用時に誤って手を離してしまってもアクションカメラを喪失することを防いでくれる。ポール自体に長さがそれなりにあるから単に延長ポールとして使うこともできるね。

th_IMG_2276

本体は大部分がアルミニウム削り出しのパーツで構成される。2段階ある継ぎ目をねじって緩め、ポールを伸ばしたらまた締めて固定する。固定するポイントは決まっていないので無段階に調整できるよ。先端部分はGoPro準拠の3つ叉だね。ポールを伸ばすときには、継ぎ目のパーツを緩めすぎるとポールが脱落する。壊れて戻せなくなってしまう、ということはないものの、固定するために必要なプラスチックの小さなパーツがバラバラになってしまうので紛失しやすい。抵抗がなくなるまで緩めれば十分なので、やりすぎないように注意しよう。このことはパッケージ内の注意書きにも書いてある。

th_IMG_2277

これを選んだ最大の決め手はここ。先端のジョイントがポール部分と継ぎ目のないアルミニウム1パーツになっている。別のメーカーのポールも使っていたことがあるのだけれど、ここが別パーツになっていて尚且つ接続が樹脂製だったため、一瞬で根元から折れてしまった。道で持ち歩いているときで助かったけど、アウトドアスポーツの最中だったりしたらカメラごとなくしていたと思う。Smatree SmaPole S3はここが頑丈なのでアクションカメラの利用シーンにマッチしているね。もちろん、耐久試験をしたわけではないのだけど、触った感じ、かなり頼れそうな印象がある。

th_IMG_2279

GoPro HERO4 SESSIONを付けてみたところ。ジョイントはきつすぎるとかゆるすぎるとかいうこともなく精度が高い。

th_IMG_2280

フローティングポールを付けて伸ばしてみる。長い。収納時の長さも考えると、普段は本体のみでいいかなという感じ。

th_IMG_2281

フローティングポールを含め、全開に伸ばした時の長さは約1メートル。フローティングポールで30センチくらい延長されている。

th_IMG_2282

フローティングポールには、付属の1/4インチ雌ネジGoProジョイントを取り付けることができ、単体でセルフィースティックとすることもできる。伸ばす必要がないときはこれでもいい。

セルフィースティックは安物(ラジカセのアンテナみたいなのは特に)だと簡単に壊れて大事なカメラやスマートフォンを落としたり失くしたりしてしまうので、頑丈なものを選びたいよね。Smatree SmaPole S3はどれほど活躍するだろう?